OFFICIAL AJOCC PARTNERS
PARTNER'S STORY

Canyon 新型カーボンシクロクロス INFLITE(インフライト)CF SLX発表会 in ベルギー

Canyon

Aug.14 2017/Kei Tsuji

シクロクロッサーにとって憧れの舞台であるベルギーのゾンホーフェンで行われたキャニオンの新型カーボンシクロクロスINFLITE(インフライト)CF SLXの発表会。参加したサイクルフォトグラファーの辻啓が新車発表会の様子をお届けします。

特徴的なフレーム

INFLITE(インフライト)CF SLXはキャニオンが満を持してリリースした、同社初のカーボン製シクロクロスバイク。これまで同社にはアルミ製シクロクロスバイクがあったが、ラインナップに唯一欠けていたコンペティティブ(競技用)なバイクの発表会がベルギーで行われた。

キャニオン INFLITE CF SLX発表

パッと見てすぐに分かるその特徴的なフレームはエンジニアとデザイナーの渾身の作品。最も目を引くトップチューブの形状は持ち上げやすさと担ぎやすさ、シートポストの突き出し量増加による縦方向の柔軟性向上などを狙ったもの。実際に持ち上げたり担いだりするシチュエーションでは、トップチューブに手が届きやすく、小さいサイズのフレームでも前三角が大きく作られている(トップチューブとダウンチューブの間の角度が大きい)ため肩に乗せた時の安定感は良い。

キャニオン INFLITE CF SLX発表

こだわりの詰まった、シンプルなデザイン

奇抜でありながらシンプル。泥や砂などが付着する箇所のデザインは徹底的に簡素化されており、付着物によるトラブルを避けるとともにバイク交換の必要性を最小限に抑えている。タイヤクリアランスが大きく取られているため38mm幅のタイヤまで装着可能。シートクランプはフレームの内側に位置し、上部からの水や泥による影響を抑えた。全モデル共通のステム一体型ハンドル(シクロクロス専用設計)もシンプルな作り。そこには「余計なものを追加していくのではなく、自分の身体の反応を感じながらライドに集中できるようにバイクはシンプルであるべき」というデザイナーのラルス・ワグナー氏のこだわりが詰まっている。

  • Inflite CF SLX
  • Inflite CF SLX
  • Inflite CF SLX
  • Inflite CF SLX

ブレーキは前後12mmスルーアクスル仕様のディスクブレーキで、ローター径はハンドル幅やクランク長と同様にフレームサイズに応じたサイズが採用されている。購入時に装着されているシュワルベのチューブレスタイヤ(出荷時はチューブ入り)は、低圧まで対応するオールラウンドなもの。「チューブラータイヤのホイールを何セットも用意できない一般ユーザーにとってチューブレスタイヤは最も良い選択肢」というのが現在のキャニオンの見解。

  • Inflite CF SLX
  • Inflite CF SLX

小さいサイズに、650Bホイールを採用

そしてこの新型バイクの大きなトピックは2XSと3XSという小さなサイズに650Bというホイールが採用されていること。確かにまだまだマイノリティのためタイヤやホイールの選択肢が少なく、700Cと比べると汎用性の面では劣るが、700Cでデザインされた小さいサイズのフレームと比べるとジオメトリーに圧倒的な余裕が生まれ、自然なハンドリングを実現している。3XSを例に挙げると、650Bを採用することでヘッドアングルは70.2度でトレイル値は72.6mm。これが700Cでジオメトリーを組むとすれば、ヘッドアングルは69度でトレイル値は87.3mmまで伸びてしまい、レースバイクとしてのクイックなハンドリングを実現できなくなる。「すべてのサイズで共通した味付けにするには650Bの採用が自然な判断だった」と、ボーイング社からキャニオンに転職したプロダクトエンジニアのルーカス・シューフニック氏。

キャニオン INFLITE CF SLX発表

テストライドは、ベルギーの砂

シクロクロスの伝統に新風を吹き込むそんな新型バイクをベルギーのゾンホーフェンにあるスーパープレスティージュ用のコースでテストライドする機会を得た。

シクロクロス=泥のようなイメージもあるが、ベルギーやオランダにある著名なシクロクロスサーキットの中には砂地が名物のコースも多い。それもそのはず、日本では砂=海岸や湖畔や河岸だが、ベルギーでは周辺に水の要素がなくても地盤が砂である場合が多々ある。森に入ると路面が砂になる感覚は日本では味わえないもの。引き締まった砂に草が混じり合うシングルトラックが張り巡らされている。

キャニオン INFLITE CF SLX発表

家から舗装路を走って森に向かい、丘を越え、シングルトラックを走り、また舗装路を走って家に戻るようなライドで最も速いのは間違いなくシクロクロスバイク。MTBでは物足りないし、ロードバイクでは心細い。最も広範囲にライドを楽しめるシクロクロスバイクがベルギーで自然発生したことは想像にたやすい。砂地でありながら起伏があるコースはゾンホーフェンならではだ。

  • Inflite CF SLX
  • Inflite CF SLX

これまで色んなブランドの新車発表会に出席した経験上、バイク開発に携わるエンジニアたちが健脚である場合が多い。キャニオンのエンジニアたちも例に漏れずに速かった。特にプロダクトマネージャーを務めるジュリアン・ビーファン氏は発表会直前に行われた1週間のMTBステージレースに男女ペアで総合2位に入る実力者。ビーファン氏とタッグを組んだエンジニアのシューフニック氏も、デザイナーのワグナー氏もみんな速い。そこに元プロ選手のミヒャエル・リッヒ氏を加えて行われた2年半におよぶ新しいコンセプトのシクロクロスバイクの開発。その製品はレースでの使用だけを考慮したレーシングバイクだった。泥除けを付けようと思えば付けることもできるが、北欧からやってきたジャーナリストたちが「通勤に使えそうとか、そういう売り文句は使えないじゃないか」と嘆くほど、あくまでのレースのためのバイクであることをエンジニアたちは強調していた。

  • Inflite CF SLX
  • Inflite CF SLX

Mサイズで7.6kgというバイクは手に持って軽い。フレーム重量は940g(フォーク込み1,300g)しかなく、ハードな使用に耐えることができるのか心配になるほど軽い。でもエンジニアのシューフニック氏曰く、見た目は同じでもカーボンの素材から積層までロードバイクとは別物。飛び乗りやバニーホップなど、シクロクロスならではのハードな使用を考え、ロードバイクでは行わない様々な耐久テストが行われたという。

発表会に参加したわたくし辻啓(国内ではC2を走ってます、一応)は正直言ってツール・ド・フランス3週間の取材明けで身体がズタボロの状態だったが、その新型バイクで砂のコースを乗り回すのが楽しくて仕方がなかった。

キャニオン INFLITE CF SLX発表

砂、砂、砂と言っても、担ぎの登りを除いてほぼすべて乗っていける引き締まった砂。関西シクロクロスのマイアミビーチや東海シクロクロスのワイルドネイチャーの砂(そう、あの悪夢のような砂)よりも乗りやすい。テストライドの進行とともに徐々に轍が深くなっていき、良いラインをトレースしながらある程度バイクの行きたい方向に任せて走れば、派手に前転することなくスピードをつけて走り続けることができる感じ。なかなか日本のレースでその成果を出すのは難しそうだが、高低差10mほどある砂のダイナミックな下りも数回走ってすっかり慣れた(国内のシクロクロスシリーズでそんな砂の下りのコースがあればC2残留のために飛んでいきます)。

キャニオン INFLITE CF SLX発表

テストライドの後半には、スーパープレスティージュコースの大部分を使用して、世界から集まった15名ほどの機材専門ジャーナリストたちによる模擬レース(通称「キャニオン・スーパープレスティージュ」)も開催された。全員横並びでスタートを切り、ゾンホーフェン名物のダイナミックな砂の下りを終えた時点までは先頭を走っていたが、その後の砂の登りでごぼう抜きにされ、いつの間にか後ろから3〜4番手をひらひら独走していたのはここだけの話。

キャニオン INFLITE CF SLX発表

身長170cmの自分は650Bホイールを採用した2XSもテストした。自分の体格にあったサイズはXSだが、2XSには650Bホイールの魅力が詰まっていた。漕ぎ出してすぐに分かる、小径ホイールならではのスタートダッシュ。悪路や障害物を乗り越えていく際の直進的な走行性能や高速域での伸びは700Cに分があるものの、スピードの強弱が常にあるシクロクロスでは650Bの加速感は武器になるはず。そして小さいフレームながらヘッドアングルが立っているのでハンドリングはクイックで、ホイール自体も小さいのでとにかく取り回しが良い。シングルトラックを走っていてハンドリングが楽しいのはXSよりも2XSだった。もちろんXSが扱いにくいと言っているわけではなく。

  • Inflite CF SLX:揚げたてのフリット
  • Inflite CF SLX:ベルギーワッフル

冷たい雨が降っていることを忘れてしまうほどの刺激的なテストライドを終えると、ベルギーならではの移動販売車から揚げたてのフリット(フライドポテト)を受け取り、濃厚なベルギービールとともに胃に流し込む。エンジニアたちとの会話の話題はバイクのテクノロジー云々を離れ、各国のシクロクロス事情や、これまで走ったコースについて、シクロクロスの今シーズン展望に及ぶ。単純に自転車が好きな人たちが集まって本気でシクロクロスバイクを作り、シクロクロスの本場で、シクロクロスを楽しんでいる。そんな発表会だった。

キャニオン INFLITE CF SLX発表

Info

Inflite CF SLXは3つの完成車仕様と、フレームセットでの発売。バイクについての詳細、注文は下記特設ページをご参照ください。

特設ページ:http://www.canyon.com/ja/takeflite
発売開始 2017年8月14日(月)午後6時(日本時間)

Inflite CF SLX 価格 ※税別、送料等別途
Inflite CF SLX 8.0 Pro Race (SRAM Rival1) 309,000円
Inflite CF SLX 9.0 (Shimano Ultegra R8000ミックス) 359,000円
Inflite CF SLX 9.0 Pro Race (SRAM Force1) 449,000円
Inflite CF SLX フレームセット 219,000円

Related Storyシクロクロスに革新を。
高機能モダンレーシングバイクINFLITE CF SLX 発表

2017-2018 対象レース

1
茨城シクロクロス2017.10.9 (月/祝)UCI2小貝川リバーサイドパーク詳細へ
2
中国シクロクロス2017.10.15 (日)広島県立中央森林公園詳細へ
3
東北CX Project2017.10.29 (日)UCI2グリバーさがえ詳細へ
4
StarlightCross2017.11.3 (金/祝)UCI2幕張海浜公園詳細へ
5
シクロクロスミーティング2017.11.12 (日)飯山市運動公園詳細へ
6
関西シクロクロス2017.11.19 (日)UCI2マキノ高原詳細へ
7
シクロクロスミーティング2017.11.25 (土)UCI2野辺山 滝沢牧場詳細へ
8
シクロクロスミーティング2017.11.26 (日)UCI2野辺山 滝沢牧場詳細へ
9
宇都宮シクロクロス2017.12.3 (日)UCI2道の駅うつのみや ろまんちっく村詳細へ
CN
第23回 全日本選手権2017.12.10 (日)野辺山 滝沢牧場
10
関西シクロクロス2017.12.24 (日)烏丸半島詳細へ
11
東海シクロクロス2018.1.21 (日)愛知牧場詳細へ
12
シクロクロス東京2018.2.11(日)お台場海浜公園詳細へ

OFFICIAL AJOCC PARTNERS