ABOUT

シクロクロスについて

シクロクロスとは?

start

もともとロードレース選手のオフトレーニングの一環として始まった、秋冬がシーズンのオフロード自転車競技。 ヨーロッパ各国はもとより、北米や豪州、そして日本においても秋冬の自転車競技として確立している。 シクロクロス選手の多くは他の自転車競技(ロードレースやマウンテンバイク、トライアスロンなど)と並行して参戦している事が多い。 それは、シクロクロス特有のオフロード走行がパワーの向上とバイクコントロールの上達につながり、さらに危機回避能力の向上にも役立つからと言われている。 様々なライダーが続々とシクロクロスに挑戦し、人気と競技レベルの向上に拍車をかけ、愛好者も年々増加している。

競技ルール

シクロクロスは距離ではなく時間制で行われ、1周2.5~3.5km程度の舗装・未舗装が入り混じるコースを周回する。 一斉にスタートを切り、1位の選手の周回タイムを参考に、定められた競技時間(30~60分)に近くなる周回数が競技中に設定され、ゴール着順を競う。 日本国内においては男女ぞれぞれに実力別カテゴリーが確立されており、初心者から競技経験者まで、誰もが安全に無理なくレースに挑戦できる。

見どころ

シクロクロスの戦術は単純で、選手の身体能力とテクニックが結果を大きく左右する。 ロードレースに風よけやペース緩急などの駆け引きがあるのとは異なり、シクロクロスのレースは単純明快、かつ目まぐるしい展開が常に繰り広げられる。 走る側にとっては、自分のトレーニングと努力の成果がダイレクトに成績につながる競技と言える。 見る側にとっては、選手が何度も目の前を通過し、変化する路面を走り抜く様を間近に見られるなど、応援・観戦の楽しさも大きい。 シクロクロスの特徴として、コース上ところどころに人工の障害物(柵、急斜面、砂地、階段など)が設けられ、バイクから降りて自転車を押す、担ぐ、ランニングする構成になっている。 また、ピットエリアでの機材交換が認められており、ピットクルーがスペアバイクや予備ホイールを用意して、仲間のためにスタンバイする光景が見られる。シクロクロスが「チームスポーツ」と呼ばれる理由である。

はじめよう、シクロクロス。

速い自転車に乗りたい。しかも、どこでも走れる自転車がいい。

雪のなかでも...

泥のなかでも...

どこでも走れる、頑丈ということでマウンテンバイクに乗ってみた。スポーツサイクルなのに重い。頑丈だからと、なぜか納得してしまった。

とにかく速い、とにかく軽い、きらびやかなロードバイクで走ってみた。気持ちは満たされた。でもどこか、自分の縄張りが狭くなったような気がした。

27インチホイール、ドロップハンドル、たった8kgのオフロードレーサーがある。タイヤは細く、華奢でデリケートな自転車だ。

衛星放送やインターネットでは国際大会の中継をやっている。ものすごい坂を登り、転がり落ちるような崖を下る。泥まみれになったり、砂漠のような砂浜を走ったり。雪も、泥も、アスファルトも、あの細いブロックタイヤの、ドロップハンドルのレーサーで走っている。

ツールドフランスの山岳ステージのような観客の中に、競馬場の障害走のようなコースがあり、手の届きそうなところを選手が走っている。

日本でもシーズンが始まると、参加できそうな大会が毎週末、全国あちこちにある。会場にはオリジナルジャージで決めた恐そうな人たちばかり。
ブレーキの調整、タイヤの選択、いい変速機、隣の人に恐る恐る聞いてみると、どいつもこいつもおせっかいで、聞きもしないことまで丁寧に教えてくれる。秘密をそんなに教えていいのかというくらい教えてくれる。
恐そうなんてとんでもない、なんだかそんな人たちばかりだ。
毎週レースで各地を転戦して、それぞれ10位以内、20位以内、日本で何番、カテゴリーで何番のランキングを目指している。
それがシクロクロス。それがシクロクロッサー。

仲間を誘って参加しよう

仲間を誘って参加しよう

シクロクロスはチームスポーツ。練習、遠征、テクニック、機材情報、いずれも一人では不利だ。出走するライダーの他にメカニックアシスタントがいると有利だ。

クラブに入り、他のカテゴリーに参加する仲間と交代でサポートをしあおう。そうすれば、車輪のスペア、予備機材も十分だ。先輩のメカニックをすることで知識や裏技が入ってくるはずだ。

機材で負けるな、ピットワークについて

ピットワーク

シクロクロスでは機材故障は必発だ。様々な新機材が導入され、時に受け入れられ、時に淘汰されていく。最新のものでも絶対的なスタンダードはない。

コースのコンディションに合わせてタイヤは違う。数種類のタイヤを土、泥、雪などで使い分けよう。ペダルも泥詰まりが解消されたものが登場した。ライバルがいい機材を使っていて自分が旧式では、ゴール勝負を譲ったようなものだ。

カテゴリー2になったらスペアホイールを、カテゴリー1になったらスペアバイクを持とう。

帰りには温泉、地元のグルメを味わって来よう

幸か不幸か、シクロクロスレースは市街地で開催されることは少ない。広いフィールドの確保できる片田舎で行われることが多い。そんな所へ出かけて、レースだけで帰ってきてはもったいない。

レース前は忘れがちだけど、そこはけっこう有名な観光地でもあるのだ。景色、温泉、そば、甘味でリフレッシュして、疲れは遠征先に置いてこよう。

機材について

シクロクロスはロードレース由来の競技で、公式試合ではバイクのおおまかな外見はロードレーサーであることが要求される。1999年9月からドロップハンドルのみに制限され、2010年7月からタイヤ幅も制限されるようになった。
国内AJOCCレースでは後に述べるカテゴリー別に制限を行っており、世界のルールに従うカテゴリーもある。その他のカテゴリーではいつかはシクロクロスバイクを準備するとして、まずは今ある機材で参加してみよう。

JCF競技者登録をしよう

UCIレース、全日本選手権、マスターズ選手権とプライドをかけた大きな試合は、それぞれ競技者登録資格を求められる。大会のルール、競技者の権利・義務・肖像権はJCF(日本自転車競技連盟)規則のもとで行う。未登録の方はお金を払って臨時登録する。カテゴリーレースで実力がある方、そしてマスターズ選手権を目指す方は、シーズンが始まる前にJCF競技者登録をして欲しい。

2018-2019 対象レース

1
茨城シクロクロス2018.10.8 (月/祝)UCI2小貝川リバーサイドパーク詳細へ
2
中国シクロクロス2018.10.14 (日)広島県立中央森林公園詳細へ
3
シクロクロスミーティング2018.10.21 (日)富士宮市あさぎりフードパーク詳細へ
4
東北シクロクロス2018.10.28 (日)UCI2グリバーさがえ詳細へ
5
スターライト幕張2018.11.10 (土)UCI2幕張海浜公園詳細へ
6
シクロクロスミーティング2018.11.17 (土)UCI2野辺山 滝沢牧場詳細へ
7
シクロクロスミーティング2018.11.18 (日)UCI1野辺山 滝沢牧場詳細へ
8
関西シクロクロス2018.11.25 (日)UCI2マキノ高原詳細へ
CN
第24回 全日本選手権2018.12.9 (日)マキノ高原詳細へ
9
宇都宮シクロクロス2018.12.16 (日)UCI2道の駅うつのみや ろまんちっく村詳細へ
10
関西シクロクロス2018.12.23 (日)スチールの森京都詳細へ
11
東海シクロクロス2019.1.13 (日)愛知牧場詳細へ
12
前橋シクロクロス2019.2.10(日)前橋市岩神緑地詳細へ

OFFICIAL AJOCC PARTNERS